2008年第2弾シングル 『ロレッタ』 が発売になります☆
前作 『半分花』 はラブソングでしたが、今作は音速らしく疾走感
溢れる切なさ全開の、青春ギターロックチューンとなっています!
イントロのハードさには驚いたけど (でもこれが超カッコいいんだw)
歌が入ると一声(音)目で、これこれ!このメロが音速なんだなー
みたいな安心感というか、確実にいい曲だという証明みたいな印が
心に押されましたw
でもこの曲もいちおう、ラブソングなんですよねー。
ロレッタとは小惑星の名前で、全ては彼女の中にあって彼女自体が
宇宙そのものという、歌詞の世界観からつけられたそう。
“悲しくて悲しくて 恋しくて涙が出た
             愛しさも切なさも 全ては君のためにあったよ”

どこか昭和チック?なサビが、より切なさ誘われます。。。
なのに、縦ノリ全開なんですけど!!笑
カッコよすぎるーーー、今まででいちばん最高なんじゃないかな☆
てか、ピアノを入れてくるところなんか、憎いねぇw

人気blogランキング             
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック