上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング                                 
ケミストリーって、基本的に聴かないアーティストなんだけど
10/27公開映画 「象の背中」 の主題歌 『最期の川』 を聴いて
驚いた! これ、ほんとに彼らの曲なの?って。
一言一言に想いが乗せられてて、感動しました。。。
「上手く歌う」 から、「上手く伝える」 へと成長した感じw
もぅ最後なんかは、胸が締め付けられて泣きましたよぉ。。。
“「しあわせだった?」 なんて聞かないでくれ 愛しき人
      腕に抱きしめて 僕が聞きたいよ 君がしあわせだったか?”

愛する人との別れと感謝を歌った、この 『最期の川』
ケミストリーにとって、いちばんの名曲になること間違いなしだ!
作詞は、アニメ版 「象の背中」 の主題歌 JULEPS が歌う
『旅立つ日』 と同じく、秋元康氏!!!
ほんとにほんとに、さすがです。。。
“今を生きる喜び”“人を愛することの尊さ” をテーマとした
秋元康 初の長編小説 「象の背中」 が映画化。
「兄ちゃん、俺死にたくない。」 、、、予告映像、この一言で涙。。。
死を覚悟してても、死にたくないと思うのが普通だよね。
なのにどうして、死を覚悟して自ら死に急ぐようなことを
する人がいるの? やっぱり、周りの環境次第なのかな。。。
「今この瞬間を生きていることが最大の幸せで、本当に大切なものが
何かを気付かせてくれるのは、どんな時だろう。」
きっとこの映画を観ている時に、それを気付かせてくれるのだろう。

人気blogランキング                                 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 「象の背中」の世界をファンタジー作品にしたアニメDVD「象の背中 旅立つ日」(1995円)が26日に発売される。 原作者の秋元康さん自らがプロデュースし、イラストレーター・アニメ作家として活躍する城井文さんが、ゾウの一家の物語としてアニメ化した。余命
2007/10/24(Wed) 19:37:53 |  Newsエンタメ/デジタル
管理人の承認後に表示されます
2013/07/14(Sun) 06:39:31 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。