上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング                                 
ロックバンド SPEED WAYは人気バンドだったが、ギターの中島は自分の世界を貫くことと、売れることの違いに悩み苦しんでいた。そんなとき目の前にボブ・ディランにソックリの男が現れる。
中島は彼に見つめられ、流されている自分を恥じるようになるが、それをきっかけに自分を取り戻していく。

銀杏BOYZ(元GOING STEADY)の峯田さんが主役の、この映画。
“やらなきゃいけないことをやるだけさ だからうまくいくんだよ”
最後に言ったこの言葉が響いたんだけど、この言葉とか
映画の中での、ハーモニカで語る言葉とかって
ボブ・ディランの曲の歌詞からのものだったんだね。
うまく出来てるわぁ。

愛しかない
それが世界を動かしている
それなしでは何も出来ない
だから全ての愛を
与えてくれる人がいたら
心して受け取り
逃してはいけない
 
リアルなバンド生活・・・みんな、こうなのかなぁ。
悩んで生きてることは確かだろう。
そしてその悩んでる時のほうが、いい歌詞が書けることも確かだ。
だから、音楽やってる人達が悩んでいると
「もっと悩めぇー!」と、いつも心の中で思うんだ。
他人事だから、そんなこと言えるんだって思うかもしれないけど
自分も悩んで生きてるから、共感出来るような歌が
きっと聴きたいんだと思う。
悩みの中での哀しみや怒りの歌って、すごく心に響くからね。
怒りの歌って好きだ。
映画の中であった、TV出演時の演奏は最高に良かった!
出だしの音で、強烈にやられた。
もっと聴きたかった。
言葉は汚かったけど、その感情は分かるから。

音楽業界の裏って、すごく汚いよね。
あまり知らないのに言うのもなんだけど。。。
全ては数字で決まるわけだけど、その数字を操作する(買う)のって
納得いかない。
ほんとにいい音楽が、埋もれちゃうもん。

みんな、数字に惑わされないでよ。
自分たちがいいと思った音楽が、いちばんいいんだ。
そして、いいと言ってくれる人がいる限り
その音楽は、生きてるんだ。

アイデンティティ(identity)って、みんなどう解釈してるんだろう?

人気blogランキング                                 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。