カナダはモントリオールを拠点に活動している5Pバンド、Stars の
4thアルバム 「In Our Bedroom After the War」
日本リリースされます☆
前作 「Set Yourself On Fire」 から、2年振りとなる今作は
メンバー自らが約7年の活動の中で、文句なしに最高傑作と
語るほど、自信溢れる作品になっています!
リード曲 『Take Me To The Riot』、トーキルの擦れた声に
上から優しく重なるエイミーの声。
これほど同化する(解け合う)男女ツインボーカルは
そういないよぉ!

 

日本では、『Midnight Coward』 がリード曲として流れてるんだけど
こちらの方が、エイミーがメインボーカルだから
すごく繊細な音達に囲まれて、心地よく聴くことが出来ます☆
トーキルも美しい! 二人の声が重なると、もっと美しい!!
後半はもっともっと、やられますよ!!!
絶対、聴いてみて下さい♪
他おすすめ 『Personal』 『Today Will Be Better, I Swear!』
M1.2.4.7.12 、、、あーん、どれも全部いいわw
日本盤:ボーナストラック1曲、ライブ映像+インタビュー収録DVD付
スポンサーサイト




人気blogランキング             
今年2月に発売した3rdアルバム 「Shabon Songs」
オリコン初登場6位にランクインした安藤裕子が、約1年ぶりとなる
ニューシングル 『海原の月』 を発売します☆
今作は、「TRICK」 「池袋ウエストゲートパーク」 「ケイゾク」 など
数々のヒット作を生み出した堤幸彦監督が、10/27公開映画
「自虐の詩」(主演: 中谷美紀、阿部寛) の主題歌を
直々に安藤裕子に依頼し、彼女が初めてひとつの作品に向けて
書き下ろした、究極のバラード♪
映画の予告映像を見たんだけど、これ、すっごい泣けるかも!!
と思ったら、、、酔っ払って寝てるだけかいな!
と、つっこみを入れてしまうほど、笑いと涙ある映画とのこと。
最後は、一発逆転大ホームラン?
二人の愛の姿に、号泣させられてしまうのかなぁ。
そんなラストに安藤裕子の歌が流れる、、、完璧w
“抱きしめて そしてキスをして ありがとうと そう手をふるけど
     動けない だって目の前にあなたがいる 私をみつめていたから”

相変わらず、彼女の世界観はふんわりと温かい♪
前よりちょっと癖が抑えられ、より大人になった感じかな。
でも聴き方によっては、子供のような愛らしさもありで。
やっぱ彼女は、どちらも素敵だな☆
10/17 フジテレビ系 「めざましテレビ」 インタビュー 6:50頃
Yahoo!映画 「自虐の詩」 特設ページ ※11/12まで
初回受注限定生産盤:『海原の月』 PV+メイキング映像DVD付

人気blogランキング