上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング                                 
Jackson 5 をサンプリングした曲 『Can't Stop Moving』
英国営のBBC Radio One にて取り上げられ話題となり、瞬く間に
2008年の最注目アーティストとなった、DJユニット Sonny J が
アルバム 「Disastro」 で、日本デビューしました☆
邦題曲 『今夜もキャント・ストップ』 は、日本でも各ラジオ局で
続々とパワープレイされているので、一度は聴いたことがあるはずw
いいですよねぇ、Jackson 5 を使ってるだけでも耳が奪われるけど
さらに、このキャッチーなハッピーチューンでループしてくるので
頭の中で、さらにリピートですよぉww笑

 

『Enfant Terrible』 色んなジャンルがミックスされた、この絶妙な
ロックチューンは、ほんとおもしろすぎてスゴいです!
『Handsfree』 70's ソウル&ファンキーな、このディスコチューンは
クールにカッコよく踊れるスパイスが振りかかているので、嫌でも
リズム刻んじゃいますよw笑 さすが、80万アクセスあるだけある!
「俺はボーダレスで偏見のない、ブラックとホワイト・ミュージックを
ミックスしたものを創りたいんだよね」 、、、まさしく☆
この抜群なセンスと超ポップな楽曲群は、ただ者では作れない!
UKダンス・ミュージック界で、最も注目を集める彼らを聴き逃すな!!
日本盤:ボーナストラック収録、PVを収録したCDエクストラ仕様
1. Enfant Terrible
2. I'm So Heavy
3. Handsfree
4. Cabaret Short Circuit
5. Belly Bongo
6. Sorrow
7. Can't Stop Moving
8. Strange Things
9. Doing The Tango
10. No-Fi
11. Disastro
12. Sonnrise
13. A Hard Days Night
14. Can't Stop Moving (Mirwais Extended Mix)
15. Can't Stop Moving (The Young Punx Remix)
スポンサーサイト

人気blogランキング                                 
SUM41も絶賛する、ユニバーサル・ミュージック・カナダの大型
ロックバンド Social Code が、2ndアルバム 「Social Code」
遂に日本デビューしました☆
本国カナダで、アルバムチャートTOP40に初登場した今作は
名曲と評判の高い3rdシングル 『Everyday (Late November)』
始め、2ndシングル 『The Shortest Line』 やボーナストラックを
含む、全12曲を収録。
ラジオチャート最高19位を記録した、1stシングル 『Bomb Hands』
このパワフルで怒り爆発なボーカルは、たまりません!
一気に、ストレスがぶっ飛びます!!
サウンドが割と抑えられているので、感情剥き出しなボーカルに
圧倒されますよぉ☆

 

相反してアコースティックバージョンはというと、切なくて痛い。。。
『Everyday (Late November) [Acoustic]』 やぶぁすぎ。。。
全体的にみると純正なロックナンバーが多いので、そういうのが
好きな人にはおすすめですw
日本盤:ボーナストラック、CDエクストラ仕様 『Everyday』 PV収録
★★★ Social Code
Social Code
Social Code (ソーシャル・コード)

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2008/11/12)  輸入盤
フル視聴 フル試聴 全曲試聴
Spinning
Amazonで詳しく見る
01. He Said, She Said
02. Bomb Hands
03. Everyday (Late November)
04. The Shortest Line
05. Forever Always Ends
06. Don't Tell Me
07. 10 Seconds to Go
08. Frayed
09. Without You
10. The Best You Never Had
11. Forever Always Ends [Acoustic]
12. Everyday (Late November) [Acoustic][*]

人気blogランキング                                 
前作 「Fosbury」 から約3年半ぶりとなる、待望の4thアルバム
「Activity Center」 が発売されました☆
初のセルフ・プロデュースとなる今作は、なんと3ヶ月というハイ
スピードのレコーディングを経て完成!
赤ん坊の為のおもちゃから命名されたという、Activity Center は
バンドの遊び場でもある、彼らのスタジオ “Tahitilab” から生まれた
おもちゃに例えてつけられたとのことw
全編において、ロック色の強いサウンドに仕上がったこのアルバムは
“ライブ感” を大事にして作られただけあって、勢いがあります!
1曲目 『24 X 7BOY』 から、ビートの効いたナンバーを持ってきて
音が踊る 『UNPREDICTABLE』、リード曲 『All Around』 へと繋げ
『BRAZIL』 では、まさにライブ感そのままのナンバーへと
流れていきます♪
おもしろさから言えば、『All Around (YUKSEK remix)』 の方が
だんぜんいいんですけど。。。
どうしてボーナストラックが、変わっちゃったんでしょうか。。。
『ONE PARACHUTE』 この曲のように、グザヴィエのボーカルが
前に出てる方が好きだなぁ☆
『EAR TO THE GROUND』 では、カントリー調からマイナー調へと
移り変わるので、不思議な感覚に包まれますw
しかしながら、Activity Center にしては物足りなさが残る?
今作はどう評価されるんでしょう、気になるところです。
「ストレートなギターポップのお手本のようなアルバム」、確かに。。。
でも、聴けば聴くほど良さが出てくる感じかも!
『TUNE IN』 なんかは、ギターとかキーボードの音色がいいので☆
日本盤:ボーナストラック収録 初回限定生産:ロゴステッカー封入

人気blogランキング                                 
グラスゴーから現れた、ダンスフロアを揺るがす大型新人バンド
Parka が、1stアルバム 「Attack of the Hundred Yard...」
日本デビューしました☆
今作は、シングル 『Better Anyway』 『If You Wanna?』 、そして
UKインディー・チャートで3位を獲得した 『Disco Dancer』 を含む
全12曲+ボーナストラック4曲が収録されていますw
Blood Red Shoes や Hadouken も手掛けた Ian Gore が
プロデュース、そして Does It Offend You,Yeah? のメンバーが
ゲスト参加するなど、今やハイテンションでダンサブルなミクスチャー
バンドが欠かせない時代となっています!
『Bosses and Bastards』 1曲目から、このテンションですからね♪
変態サウンド好きな人は、気に入るんじゃないかなw
特にギターがww
『Disco Dancer』 イントロとかのベースやドラムは、なんだか昔の
青春ドラマみたいな展開なんですけどね、あれですよあれ、笑。
でもこれがまた、意外と癖になるキャッチーなダンスナンバーに
なっているで、ついつい踊ってしまいます☆
これでもっとエモいボーカルだと、最高なんですけどねぇ。
ほんとは1度目をパスしてたはずなのに、2度目で知らずに
ハマっている自分がいました、笑。

 

この曲の Remix の方が今時なので、チェックですw
『On The Coener』 また、180度違ったアコースティックな世界!
こういうのも好きだ☆ こっちの方が、乾いたボーカルに合ってるね!!
聴く価値ありのアルバムになってます!!!
日本盤:ボーナストラック4曲収録
★★★ Parka
Attack of the Hundred Yard...
Parka (パーカ)

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2008/09/03) 輸入盤
フル視聴 全曲試聴 ※ページ真ん中設置
kurofune Records
Amazonで詳しく見る

人気blogランキング                                 
昨年、4曲入りミニアルバム 「Priscilla Ahn」 がタワレコを中心に
クチコミで話題となり、ファンが増え続けている女性シンガーソング
ライター Priscilla Ahn (プリシラ・アーン) 。
ノラ・ジョーンズに続く大型新人として期待されている中、アルバム
「A Good Day」 が、遂に日本リリース☆
リード曲 『Dream』 は、夢見る想いを伸びやかに歌い上げています♪
ハモリの空間↑なんかは、ほんと美しくてw
当初のPVの方が収録音源と同じなので、こっちを貼っておきます☆
でも MySpace で聴いたほうが、もっと色んな深い音が入ってるので
おすすめ! てか、CDで聴いた方がもっと!!ですけどねww

 

この曲よりも、もっと一発でやられるのが 『Leave the Light On』
出だしの、掠れた柔らかさがたまりません!!!
他おすすめは、『Masters in China』 『Lullaby』 そして
『Good Day (Morning Song)』 モーニングソングなだけあって
歌から、朝の光を全身で浴びることが出来ます♪
人に優しくいたい人は、このアルバムを聴きこみましょう☆
国内盤:期間限定価格、ボーナストラック収録

人気blogランキング                                 
SUMMER SONIC 08 への出演が決定している、英リヴァプール発
4人組ギターバンド The Troubadours (ザ・トルバドールズ) が
9/24発売予定のアルバム 「The Troubadours」 に先駆けて、日本
独自企画盤デビューミニアルバム 「EP」 をリリースしました☆
彼らは、イギリスの権威ある音楽雑誌 「Q」 で、“今年ブレイク
必須のニューバンド・ベスト10” に選ばれたり、40年ぶりの奇跡と
言われたりと、今、最も注目されているバンドなのですよw
今作は、 シングル2枚とそのカップリングを含む全5曲が収録。
The La’s 再来と言われ、各メディアで瞬く間に話題となった
1stシングル 『Gimme Love』 は、懐かしさ溢れるネオアコチューン♪
20代前半な彼らだけあって勢いもあり、そしてノリも抜群☆

 

2ndシングル 『(I'm Not) Superstitious』 は、コーラスワークの
効いた、胸キュンなポップチューン♪
『Romo』 は、乾いたサウンドとメロが心地よい、爽やかなナンバー☆
この60'sな空気感、聴いた瞬間から惹き込まれます!
完全生産3,000枚限定盤&スペシャルプライス1000円の
このミニアルバム、ファンは絶対買いですよ!

人気blogランキング                                 
昨年メジャーレーベルから日本デビューした、日本人ギタリスト
マサシを含む、多国籍パンクロックバンド Saw Loser が、シカゴ、
カルチャー・クラブ、バナナラマ、ストレイ・キャッツ、フランク・シナトラ、
ザ・キュアーなど、名曲すぎる名曲をパンクアレンジでカバーした
アルバム 「Hits Hit The Fans」 を発売します☆
懐かしい名曲が多い中、リード曲になるであろうジェイムス・ブラントの
あの美しい癒し曲 『You're Beautiful』 が、彼らの手に掛かると
ものの見事に、癒し部分を残したパンクナンバーに!
これはいいですよ!! 癖になりそうです♪

 

後半は切なさも残しつつ壮大に攻めてくるので、感動さえも
覚えてしまうほど。。。 
★★★ Saw Loser
Hits Hit The Fans
Saw Loser (ソウ・ルーザー)

オフィシャルサイト ブログ
(2008/07/02)
フル試聴 フル試聴2 試聴
IN-n-OUT RECORDS
Amazonで詳しく見る
01. Godzilla
02. You're Beautiful (James Blunt)
03. Call Me (Blondie)
04. Love In The First Degree (Bananarama)
05. 1: Karma Chameleon (Culture Club)
06. Fly Me To The Moon (Frank Sinatra)
07. I'll Be There For You (The Rembrandts)
08. Friday I'm In Love (The Cure)
09. Hard To Say I'm Sorry (Chicago)
10. Rock This Town (Stray Cats)

人気blogランキング                                 
NYで話題沸騰中の、大学生4人組インディ・ポップ・ロック・バンド
ヴァンパイア・ウィークエンドが、遂に日本デビューアルバム
「Vampire Weekend (邦題:吸血鬼大集合!)」 を、発売します☆
彼らのことを知ったのは、2週間前マイミクさんの日記に
貼ってあった、『A-Punk』 のPVを観てのこと。
作りがおもしろくて、見入ってしまいましたw
てか、アメリカのメディアが絶賛しまくったの、分かります!
60's~70'sのような軽いサウンドに、スパニッシュ気味な巻き舌
アクセントのボーカルが乗っかり、間奏になると爽やかな
デジタルシンセで弾かれた笛のような音に、妙に癒されるという♪
その後には、スカリズムの掛け声が入ってきたりするし
ほんと彼らの音楽は、へんてこでおもしろい★

 

『Oxford Comma』 もまた、へんてこで素敵♪
やっぱ笛みたいな音が入ると、かわいくなるw
ギターやタイコの音とかも、その雰囲気に合わせてかわいいし。
マッシュ・アップ・サウンド=色んな音が混ざり合う
このバランス感覚、スゴすぎます!!!
『Cape Cod Kwassa Kwassa』 やぶぁいなー
ハイトーンボイスの外し方とか、あーとかうーとか遊んでるしw
ギターリフにアフリカンビート、そしてベースのおどけ具合と
このゆるゆる空間、楽しすぎるーーー!
これ、絶対買いです★
日本盤:ボーナストラック2曲収録
★★★ ヴァンパイア・ウィークエンド
Vampire Weekend
Vampire Weekend

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2008/02/27)
フル視聴 全曲試聴 輸入盤
ワーナーミュージックジャパン
Amazonで詳しく見る bounce.com

人気blogランキング                                 
2枚組ベスト盤 「Hits and Rarities」 をリリースしたばかりの
Sheryl Crowが、前作アルバム 「Wildflower」 以来
約2年4ヶ月ぶりとなる、6thアルバム 「Detours」
日本先行発売します☆
シェリルの自宅農場内で、レコーディングされたという今作は
収録曲のほとんどが、彼女の人生の過去3年間に起きた出来事
(乳ガンとの闘いや恋人との別離など) にインスピレーションを
受けて作られたもの。
だからだろうか、それらの苦境を超えての Detours 回り道は
人生においてとても意味のあるものとなり、その深さ故の音作りは
どの曲も、誰もが納得のいく仕上がりとなっています!
iTunes 限定先行シングル 『Shine Over Bayblon』
環境問題に取り組んでいる彼女自身の、周囲で起きている
現実についての叫びを歌っているとのこと。
始まりのメロから、その事の重大さが伺えます。。。
彼女の力強い歌を聴いているだけで、現状を考え直さなくては
というメッセージが、同じように心に芽生えてくる感じ。
終わりごろになるとそれが、宇宙にまで広がるような
神秘的な空間と化しますよぉ、スゴすぎ!

 

『Love Is Free』 ニューオリンズ (カトリーナ台風) に刺激されて
作られたこの曲は、ヒッピー風な自由スタイルのノリで歌ってるから
すごく、前向きな気持ちになれます♪
『Lullaby For Wyatt』 昨年5月に、養子縁組を組んだ息子の
Wyatt が参加している曲。
息子への想いを聴いてると、泣けてきます。。。
歌詞は分からないけど、その切なげな歌はほんと美しい。。。
これほど心を動かすアルバムは、そうないですよ! 買いです!!
日本盤:ボーナストラック2曲収録
★★★ Sheryl Crow
Detours
Sheryl Crow (シェリル・クロウ)

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2008/01/30) 全曲解説
フル視聴 全曲試聴 MySpace 輸入盤
ユニバーサル・インターナショナル
Amazonで詳しく見る bounce.com

人気blogランキング                                 
Smashing Pumpkins の再来と呼ばれ、Billy Corgan も
大絶賛しているという、LA出身の4人組インディーロックバンド
Silversun Pickups (シルヴァーサン・ピックアップス) 。
06年発売され、全世界で30万枚以上を売り上げたアルバム
「Carnavas」 が、いよいよ日本発売になります☆
現在、FMで流れている 『Well Thought Out Twinkles』
ノイジーなベースに、メロディアスなボーカルが絡むという
彼らの独特な世界は、動の中にひっそりと静が隠れているような
不思議な感覚が味わえます。
あー、紅一点ベースのニッキー・モーニンガー、いいなぁ☆
『Lazy Eye』 の彼女が、いちばんいい、笑w
ちなみに、このアルバムには収録されていないんだけど
「Pikul」 に収録されている、『Kissing Families』 のPVが
おもしろいから、こっちを貼るねー。

 

彼女の美しい歌声が、しっかりと聴けるんだ♪
ボーカルのブライアン・オーバートとのハモリは、たまらんよw
彼も後半、歌い方が変貌するところが、もぅやられる(>_<)

人気blogランキング                                 
10/10にネットのみで配信されたレディオヘッドの、4年ぶり7枚目の
アルバム 「In Rainbows」 が、日本先行リリースされます☆
自由価格制度で配信されたアルバムは、初日のみで約120万DLを
記録しているだけあって、その注目ぶりに惹かれるように
このパッケージもまた、売れるんでしょうねぇ♪
早速試聴してみたんですけど、『JIGSAW FALLING INTO PLACE』
気に入りました!
コーラスをバックに歌うトム・ヨークのほどよい緩さが、後半では
締め付けられるように歌ってるから、たまらんねぇ、笑。
てか、このサウンドのノリが最高☆
アコギのコード移動時に出る、キュキュッていう音もまたいいんだw

 

『RECKONER』 もまた、切ないコード進行してる(>_<)
こちらも後半にいくと曲調が変わって、しっとりとストリングスが
入ってくるんだけど、すごい世界観! 浮遊しまくり!!
もぅ、何回ため息出ちゃってるんだろう。。。
ため息というか、気持ちよすぎのあれさぁ、笑。  
このアルバム、ほんと買いだねぇ♪
ちなみに、12/03に完全予約制生産限定ボックス・セットというものが
リリースされてるみたいだけど、そのDISK2も少し試聴してみましたw
『Last Flowers To The Hospital』 これまた(>_<)
うぉぉ、なんか美しすぎて泣けてきた。。。
日本盤:特殊パッケージ仕様、歌詞対訳、ライナーノート
★★★
In Rainbows
Radiohead (レディオヘッド)

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2007/12/26)  ダウンロード
フル視聴 MySpace 輸入盤
Hostess Entertainment
Amazonで詳しく見る bounce.com
01. 15 STEP
02. BODYSNATCHERS
03. NUDE
04. WEIRD FISHES/ARPEGGI
05. ALL I NEED
06. FAUST ARP
07. RECKONER
08. HOUSE OF CARDS
09. JIGSAW FALLING INTO PLACE
10. VIDEOTAPE

人気blogランキング                                 
昨日、MySpace フレンドリクエストがあったバンドの音源聴いて
すっごく良かったので、紹介します!
アメリカはコネチカット州出身、平均年齢20歳エモ・スクリーモバンド
This Years Anthem (ディス・イヤーズ・アンセム) なんだけど
2006年2月結成、その数ヶ月後にレコーディングされた
デビューアルバム 「Where The Future Meets The Past」
In-n-Out Records から、リリースされました☆
結成からわずか数ヶ月というのに、このサウンドクオリティと
ボーカルのエモーショナルな表現は、癖になりそうw
リード曲 『My Friend Future』、どこにでもありそうな
単調な曲に聴こえがちだけど、細かなサウンド変化が上手い♪

 

ボーカルとしては、これよりも 『My friend future (Acoustic)』
の方が、断然良いです!!
アコースティックだと、息遣いがはっきりと聴こえてくるので
エモすぎるくらいに、届いてきますよw
『A Little Bit of This』 は後半のサウンドが
『Wreckless Hands』 はコーラスが、やばすぎる。。。
今後のさらなる成長に、期待大です!!!

人気blogランキング                                 
カナダはモントリオールを拠点に活動している5Pバンド、Stars の
4thアルバム 「In Our Bedroom After the War」
日本リリースされます☆
前作 「Set Yourself On Fire」 から、2年振りとなる今作は
メンバー自らが約7年の活動の中で、文句なしに最高傑作と
語るほど、自信溢れる作品になっています!
リード曲 『Take Me To The Riot』、トーキルの擦れた声に
上から優しく重なるエイミーの声。
これほど同化する(解け合う)男女ツインボーカルは
そういないよぉ!

 

日本では、『Midnight Coward』 がリード曲として流れてるんだけど
こちらの方が、エイミーがメインボーカルだから
すごく繊細な音達に囲まれて、心地よく聴くことが出来ます☆
トーキルも美しい! 二人の声が重なると、もっと美しい!!
後半はもっともっと、やられますよ!!!
絶対、聴いてみて下さい♪
他おすすめ 『Personal』 『Today Will Be Better, I Swear!』
M1.2.4.7.12 、、、あーん、どれも全部いいわw
日本盤:ボーナストラック1曲、ライブ映像+インタビュー収録DVD付

人気blogランキング                                 
前作 「Chuck」 の大ヒットから、約3年ぶりとなる4thアルバム
「Underclass Hero」 に DVD が付いた、初回限定盤が
日本先行発売されます☆
ギタリストのデイヴ・バクシュが脱退後、初となる今作は
iTunes 他で先行リリースされると同時に、過激な歌詞で
論争を巻き起こしたという 『March Of The Dogs』 を含む
14曲+2曲のボーナストラックを収録!
米大統領の死について歌ってるらしいんだけど、、、、
英語は分からないので、パス。
ってか、このノリはパスのしようがないでしょうっ!
イントロから、全ての音にやられまくりです☆
カッコよすぎ!!!
あまりにもグルグル変わっていく曲調に、思わずニヤけてしまったw
最後なんかワルツの3拍子で、揺れちゃいますから♪

 

これを聴いた後に、先行シングル 『Underclass Hero』 を聴くと
きっと、物足りなく感じちゃうだろう、汗。
まぁ自分は、先に聴いても物足りなかったんだけどね。
一般向けのキャッチーな曲なので、良いと言われれば良いのよw
ただね自分は、誰かさんと同じく変態くんなので、笑。
って言ってるうちに何回も聴いてたら、やっぱ良く聴こえてきた☆
『Walking Disaster』 コーラスとかメロとか、美しすぎて
癒されるんですけどっ(>_<) こんな曲も出来るんだぁ♪
その世界に身を任せふわふわして、音に覚醒されてたら
いきなり、縦ノリが襲ってきた、笑。 やるなぁっ SUM 41 ★
『Ma Poubelle』 おもしろい、意外すぎるっ!
ほんと、今作は買いですっ!! には、たまらんw
初めての人も、聴きやすいので買いですっ!!!
じゃ、自分は初めてなので通常盤でw
日本盤:ボーナストラック2曲収録、期間限定豪華4大特典あり!
★★★ Sum 41
Underclass Hero (DVD付)
SUM 41

オフィシャルサイト
(2007/07/18)
全曲試聴 MySpace 輸入盤
ユニバーサルインターナショナル
Amazonで詳しく見る bounce.com

人気blogランキング                                 
ロンドン出身の4Pバンド、スウィッチズのメジャーデビューアルバム
「Heart Tuned to D.E.A.D.」 が、遂に日本リリースされます☆
7インチのみで限定発売されたシングルが、英NME誌 の
Single Of The Week に選ばれるなど、2007年ブレイク必至!と
既に話題沸騰中の彼ら♪
そのシングルが 『Lay Down The Law』 なんだけど
ちょっと物足りない気がする?
もう少し、勢いがあってもいいかなぁって。
『Drama Queen』 の方が、しっかりとしたロックなのでカッコいい☆
ボーカルの出だしがクールだw 逆にコーラスはハイでww
そしてドラムの音がしっとりと重い分、ベースの音が動き回ってるので
バランスがとれてて、いい感じに仕上がってます♪
UK っぽいけど UK っぽくないみたいな、この感覚はクセになるかも!

 

『Give Up The Ghost』 なんかは、まさにそんな感じ!!
懐かしさ漂う中に、新生物が迷い込んでます、笑。
『The Need To Be Needed』 は、予想外の美しく癒される歌声が!
どういうこと?誰の声?? Vo.マット・ビショップの裏声?
だとしたら、すごい! ぜんぜん違うもんっ。
全体通して聴くと、結構色んな良さが混ざってて面白いかも!!
色んなバンドのいい部分だけが、浮かび上がってる感じ!
(バンド名とかよく分からないので、書けないけど。。。)
80s-90s 好きな人は、チェックしてみて下さい☆
日本盤:ボーナストラック3曲収録、CD EXTRA 仕様
初回生産限定スペシャルプライス
★★★
Heart Tuned to D.E.A.D.
SWITCHES

オフィシャルサイト
(2007/06/27)
全曲試聴 MySpace 輸入盤
ワーナーミュージック・ジャパン
Amazonで詳しく見る bounce.com

人気blogランキング                                 
昨年発売のシングル 『You're Supposed To Be My Friend』 が
密かに話題を呼んでいた、3Pバンド 1990s (ナインティーン・ナインティーズ) のデビューアルバム 「Cookies」 が、全世界に先駆けて
日本1ヶ月先行発売されます!!
ロックン・ロールの衝動と、ポップ・ミュージックが
絶妙なバランスで融合した、キャッチーなサウンドが話題の彼ら。
リード曲 『See You At The Light』 は、聴いたら即ハマること
間違いなしの、超ポップな曲になっています!!
コーラスが、頭の中でグルグルさぁ♪
rockin'on (ロッキング・オン) 5月号の付録CDに入ってるらしいよw

 

ボーカルさん、出っ歯&隙っ歯なのが特徴w
どうなんですかねぇ、私的にはこの3rdシングルでヒットしたので
他の曲が気になるところです。。。
2ndシングルは、出だしがいいですよ♪
日本初回盤:ROUGH TRADE JAPAN × COOLSOUND チラシ封入
QRコードにて未発表トラックのデジタルシングル 『JINGLE BELLS』
先着1万ダウンロードまで無料配信

人気blogランキング                                 
06年UKに彗星のごとく現れた、スコットランド出身女性シンガー
ソングライター サンディ・トムの、日本デビューアルバム
「鏡の中のサンディ」 が、いよいよリリースされます☆
ツアー資金を貯めるために、自宅地下のスタジオから発信した
ライブ映像が、ネットを通して全世界に飛火!
レコード会社と2億円で契約を結び、昨年6月にリリースした
デビューアルバムが、全英アルバムチャートで初登場1位を獲得★
今、最も注目されている女性アーティストです!!
等身大の日常を綴った、10編の作品集である本作の中から
1stシングル 『I Wish I Was A Punk Rocker(サンディの輝き)』 が
各FM局でパワープレイされているはず♪
聴けばわかりますが、彼女のその堂々たる歌唱力はスゴすぎます!!
そして彼女の歌の良さを十二分に生かした、このサウンド構成!
大地の女神を思わせるような、迫力と繊細さがあるので
彼女との相性は、ピッタリですっ! 圧倒されますよ☆

 

この曲とはまた、正反対の表現をしている3rdシングル
『Lonely Girl』 もスゴくいいですよ♪
PVがまた。。。 ちょっと泣けてしまうんですけどね。。。
『When Horsepower Meant What It Said』 の
ヒッピー風な感じの曲も、おすすめw
日本盤:ボブ・ディランのカバー曲含む2曲のボーナス・トラック収録
★★★
Smile...It Confuses People
Sandi Thom

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2007/04/11)
全曲試聴 MySpace 輸入盤 歌詞
ソニーミュージックエンタテインメント
Amazonで詳しく見る BARKS

人気blogランキング                                 
今UKで最も注目されている、スコットランド出身
平均年齢18歳のロックバンド、ザ・ビューのデビューアルバムが
1/29付全英チャート初登場にして、1位を獲得!
そして、いきなりゴールド(20万枚)突破ということで
日本でも大注目されいて、ラジオでは14局のパワープレイを獲得!!
昨年8月にUKでリリースされたシングル 『Wasted Little Dj's』 が
今、日本全国で流れているので、聴いたことがあるのでは?
サビがものすごくキャッチーだし、その後に来るマイナーなメロと
パンクの勢い、そして美しいコーラスへと続くこの曲は
メロ展開が良すぎです!

 

ボーナストラック 『Posh boys』 が、オフィシャルで聴けるんだけど
ベースサウンドとボーカルラインが、うまく流れを作っていて
これまたノリがいいので、おすすめです♪
日本盤:ボーナストラック3曲収録、2ヶ月限定スペシャルプライス

人気blogランキング                                 
ミシェル・ブランチとジェシカ・ハープの美麗デュオ
ザ・レッカーズのデビューアルバムが、遂に日本でも発売します!
リード曲 『Leave the Pieces』 では、二人の息がピッタリすぎて
その美しいハーモニーに、耳が奪われてしまうほど。
やはり、高声部分を歌うミシェルの方が好きだー☆
(って、どっちがどっちを歌ってるのか観てても分からない。。。)
ルックスも、かわいすぎだ!!
とても、一児の母だなんて思えない。
見てて、うっとりしちゃうよ、笑。
ミシェルもジェシカも、どことなく強さがあるので
カントリーテイストな楽器の音が、それを和らげてる感があり
とても、ゆったりと聴けます♪

 

逆に 『My, Oh My』 では、心が躍らされ
小悪魔に遊ばれているような感覚に、陥ってしまいますw
日本盤:ボーナストラック 『Leave the Pieces (Pop Mix)』 収録
★★
Stand Still, Look Pretty
The Wreckers

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2007/01/17)
試聴 MySpace 輸入盤
ワーナーミュージック・ジャパン
Amazonで詳しく見る

人気blogランキング                                 
最近、よく流れてるクリスマス&ウィンターソング ☆
その中でも、この 『Song for a Winter's Night』 は
冬の美しさと切なさが感じられる、感動的な作品なのでおすすめ♪
このショートムービー、ちょっと最後が悲しいんですが。。。
でも、恋人達に観てほしいストーリーになっています!
きっと、盛り上がるよぉw

 

そして、クリスマスには 『Happy Xmas (War Is Over) 』
おすすめです♪
サラ・マクラクランの聖なる歌を聴いてると
ほんと、心が落ち着きます。
戦争も落ち着いて、幸せなクリスマスを迎えられたらいいのにね。。。
あと、MySpace では 『The First Noel / Mary Mary』
フル試聴出来るんだけど、この曲のサウンド
めちゃめちゃいいです!!! 聴いてみて下さい♪
高声も美しすぎ☆ ちょっと泣きそうになった。。。

人気blogランキング                                 
スウェーデンの3人組、ピーター・ビヨーン・アンド・ジョンが
ついに日本デビューします♪
口笛が印象的な、甘酸っぱい胸キュン・ポップナンバー
『Young Folks (feat. Victoria Bergsman ※)』 が
J-WAVEのチャート 「TOKIO HOT 100」
第1位になったのが、今月の第1週目☆
現在もなおTOP3に入っているという、今最も注目されている
バンドなのです!
The Concretes の元Vo. 現在は Taken by Trees として
ソロ活動中。 オフィシャルサイトにて、4曲試聴出来ます。
まだまだ、地方には広まってない気がするので
知らない人は要チェック!!

 

アニメバージョンもあるんだけど、あえて通常のものをピックアップw
澄んだ口笛とポップなリズム、そしてこの気だるい歌!
冷めてるんだけど、なんか妙な感覚を残してくるから面白い♪
彼らの音楽を聴いていると、心がくすぐられて軽くなるわぁ。
オフィシャルサイトと MySpace で、何曲か試聴出来るのでぜひ☆
乾いた音が、頭の中をかき回してくれるよ♪(オフィシャル3曲目)
じめじめしてた心が、ポップになって跳ねちゃいました、笑w
やっぱ、スウェディッシュ・ポップ最高だ♪

日本盤:ボーナストラック収録、『Young Folks』 PV収録
※初回生産分のみスリーヴケース付き

人気blogランキング                                 
無料PCテレビ GyaO 音楽番組にて、U2 の軌跡を辿る
ビデオクリップ集
(11曲約48分)がフル視聴出来ます!
※12/21(木)正午まで

U2 の決定版ベストアルバムが、来日公演直前に緊急発売☆
Green Day とのコラボシングル 「The Saints Are Coming」 を
含む新曲2曲と厳選の16曲で構成された、全18曲が収録!!
このコラボシングルは、The Skids の'70年代に発表された同曲の
カヴァーソングなんだけど、2005年ニューオリンズや
メキシコ湾岸地域を襲った、ハリケーン・カトリーナによって
被害を受けたミュージシャンたちを援助する、チャリティ
“Music Rising”と連動している曲ということもあり
PVでは、その当時の映像が映し出されています。

 

なんか、スゴイですよね。。。
曲はカッコいいし、ツインドラムだから迫力あるし。
力みなぎる!!
U2 は、兄がよく聴いててCDたくさん持ってるんだけど
昔聴いた時はロック色が強く感じて、あまり興味がなかった。
でも今聴いたら、カッコいいね!
他の曲も聴いてみよっと♪
あっ、曲によって色が違うねぇ。
『Vertigo』 よかったw
初回限定盤:イタリア ミラノ公演ライヴを10曲収録したDVD付き
48ページ・カラーブックレット仕様

人気blogランキング                                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。